心と体

ひきこもりセミナー!(Part2)

一般的な対応は、①「焦らない」、②「過干渉にならない」、③「正論を押し付けない」、④「枠組みを設定する」などだった。

ひきこもりの家族多く見られるのは、母親が熱心で過干渉、父親が無関心で正論を押し付けるケース母子密着型で本人が退行、適応のいい兄弟がいて本人は劣等感を持つケース兄弟ともに引きこもっているケース、親戚から叱責という。

引きこもりの事情個々で異なるので個別の対応が必要で、就学や就労を最初から目標にすると挫折しやすいという。家庭内の関係修復が第一の目標であり、適応後に家族以外の対人関係を構築していくようにしていくといいという。

Img_3359_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ひきこもりセミナー!(Part1)

今回の講座のテーマ「ひきこもりとこころ」であり、小早川クリニック心療内科医院長先生が話をされた。先生「呉三津田高校出身」であり、地元の地「広」心療内科医を持たれている

「ひきこもりの定義」は、仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせず、6か月以上も続けて自宅にこもっている状態だという。20~40歳0.5%の有病率を占めていて、60~120万人もの人が悩まされているようだ。

男女の割合では男性が圧倒的に多く女性社交的な反面男性「仕事・対人関係の悩みなど」を抱えている人が多いという。数年から数十年もの間、悩まれている人も多く本人および家族の高齢化も深刻となっているようである

ひきこもりの背景個々によって異なるので、対処法は人それぞれである。ひきこもりを引き起こす疾患として挙げられる障害は、①「統合失調症」、②「社交不安障害」、③「強迫性障害」、④「自閉症スペクトラム障害」、⑤「パーソナリティ傾向」、⑥「適応障害」の6つといえる。

<症状>①・・・「周囲の人のどのように思われているか?」気になる。②・・・「人前で食事、外出時の人の視線」気になって胸がドキドキする。③・・・「戸締り、手洗い」などきめ細かい身の回りのこと及び自分のことが気になる(エスカレートすると家族の人までまきぞいになるケースもある)。

<症状>、④・・・「自己評価が低い」ので、高めていく対策が必要コミュニケーションの質的問題及び想像力の欠如が見られ、対人関係障害(発達障害)の傾向にある。⑤・・・「批判・拒絶を恐れて、対人関係・社会関係を避ける傾向」(回避性)「自己避難・他罰的・共感欠如」(自己愛性)に分けられる。

※「自己愛性」は、「成功体験が少ないため、空想や過去にこだわりをもつ傾向が多い」という。

<症状>、⑥・・・「職場や学業の不適応がきっかけ」という。孤立してしまいがち(母子密着型ケース)も見られるようだ

2_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

発達障害の特性と支援!(Part2)

コミュニケーションの指導「自然に学習すること」は困難なので、計画的なコミュニケーションの指導を行っているという。「表出コミュニケーション」(話す能力)と「受容コミュニケーション」(他人の言うことを理解する能力)アンバランスをそれぞれカバーして、「伝え合う能力」(対人的相互交渉)を養っていくことを前提に置かれているという

「切り替えの困難さ」の面では、「物事の終り」をしっかりと伝えることから理解させるようにしているという。(「勉強」→「お手伝い」→「他の遊び」など)

※中でも、「整理統合(整理し、調整する)の困難さ」には迷わされているようだ

<事例>・・・時間の整理統合

スケジュール・・・「いつ」「どこで」「何を」

ワークシステム・・・「何を」「どれだけ」「いつ終わる」「終わったら何をする」

<事例>・・・空間の整理統合

自動的に境界をイメージさせる

様々な材料を整理しながら遂行させていく

1_640x480_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

発達障害の特性と支援!(Part1)

今回の講演のテーマ“自閉症の特性を中心として”であり、「社会福祉法人つつじ」でサポートコーチされている人講演をされた

サポーター側として心がけることは、「褒めるように持っていく」「タイミングを重要視する」の2点主に挙げられた。また、発達障害3つに分けられ①「自閉症スペクトル」、②「注意欠如多動性障害」、③「学習障害」だった。さらに②の障害は、A「不注意」、B「多動性」、C「衝動性」に分類されるようだ。

実施、自閉症で悩まされている人80人に1人と多くいるけど、自閉症と診断を受けている人ほんのわずかという実態にあるのが現状のようだ。対象の境目で苦しんでいる人の方が大変ということを聞かされ、「その通りかも?」と思った

「氷山をモデルにした話」では、「環境の要因」「本人の特性」など、氷山の下に埋もれている「水面下の部分にも注目していかないといけない」と思った。

自閉症の人は、様々な情報がある中、全体より細部に意識が向きやすく、「多くの情報を無視することができない性格」を持っているともいえる。

さらに、聴覚より視覚優位の傾向にあり、情報をキャッチする場合「視覚から得ることが多いこと」から、視覚的な支援の必要性を根本において「意思伝達」を心がけているという。また、「活動を理解する支援」も重要と言われている。

「どんな情報で伝達するのか?」「どのように整理して伝えるのか?」など含めて、処理のスピード、処理能力が問われているようだ。

10_640x480

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ひきこもりセミナー!

今回のテーマ「ひきこもりとこころ」であり、小早川クリニック心療内科医の先生話をされた先生地元「三津田高校出身」で、広地区心療内科病院を持たれている

「ひきこもりの定義」は、仕事や学校行かず家庭以外の人とも交流をほとんど持たず6か月以上続けて自宅にいる状態のことをいうようだ。

20歳~40歳0.5%の有病率があり、60万人~120万人の人悩まれているようだ男女の割合では、男性が圧倒的に多く女性は社交的な反面、男性は「仕事、対人関係の悩み」多く抱えているようだひきこもりの背景個々で異なるので、対処法人それぞれ違う

ひきこもりを引き起こす患者として挙げられる障害は6つ①「統合失調症」、②「社交不安障害」、③「強迫性障害」、④「自閉症スペクトラム障害」、⑤「パーソナリティ傾向」、⑥「適応障害」である。

①の症状・・・「周囲の人にどのように思われているか?」気になる。

②の症状・・・「人前で食事、外出時の人の視線」気になり、胸がドキドキする。

③の症状・・・「戸締り・手洗い」などきめ細かい身の回りのことや自分のこと気になりエスカレートする家族の人までがまきぞいになるケースも見られる。

④の症状・・・「コミュニケーションの質的問題」「想像力の欠如」があるので、対人関係障害(発達障害)の傾向にある。

※「自己評価が低い」ので、高めていくような対策も必要である。

⑤の症状・・・「批判・拒絶」を恐れて「対人関係・社会関係を避ける傾向」(回避性)、「自己避難・他罰的・・共感欠如」(自己愛性)の傾向にある。

※「自己愛性」に陥る要因は、「成功体験が少ないため、空想や過去にこだわりを持つケースが多いから・・・」ということだ。

⑥の症状・・・「職場や学校などの不適応がきっかけ」で、孤立しまいがちで母子密着型のケースも見られる。

<ひきももりに対する一般的な対応>・・・①「焦らない」、②「過干渉にならない」、③「正論を押し付けない」、④「枠組みを設定する」などだった。

ひきこもりの家族に多く見られるケースは、「母親が熱心で過干渉」、「父親が無関心で正論を押しつける」、「母子密着型で本人が退行」、「適応のいい兄弟がいて、本人が劣等感を持つ」、「兄弟ともに引きこもっている」、「親戚から叱責を受ける」などだった。

引きこもりの事情個々で異なるので、個別な対応が必要で、就学や就労最初から目標にする挫折しやすい

家庭内の関係修復第一の目標であり、適応後家族以外の対人関係構築していくようにするといいようだ

3_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

くれ福祉のまちづくりの集い!

つばき会館4F(音楽ホール)で開催された講演会は、社会福祉協議会が主催する行事で、「地域に密着した地域社会づくり」についての話しだった。

今後の社会は、「見守らない社会づくりを目標にしたい」と言われ、昔とは体制を変えていく方針を示された。近所の人が色々とアドバイスなどしてくれて、「あのおじちゃんよく知ってるね!」などと言われていたけど、最近誰も声をかけなくなりその姿を見て子どもが成長しているので、「視点を変えていく方針」を持たれたようだ

「できること、できないこと」についても人それぞれあり最終的「『助けて』と言える自分かどうか?」が問われると言われた。「子どもに任せること」していかない限り今生まれた子どもが50歳になるまで「高齢化の深刻な状況は続くだろう」とも言われた。

「支え合うことの大切さ」、「豊かさの共有」を重視して、「頼りにされる、役割を与えられる人間になること」を重点的な目標とされているようだった。

今現在自分にできることが60%とすると、残りの40%は人の援助を受けながら「手助けしてもらう必要がある」とのことだ。(すべて自分1人でやることが自立ではないこと)

「~なら自分はできる」ということをアピールして、地域社会に密着したつながりを育てたいという。そのためには、「お互い様の気持ち」を持つ必要もあり、みんなの“できる”を出し合って「よりよい地域づくり」を築き上げたいと言われた

<地域づくりの5つのポイント>

①「支え合いの体質」を理解し、「支えられるの学習」を深めていく。②「助けてが言えないこと」を理解する。③「豊かさの意味」を理解する。④「自分の“できる”」を主張する。⑤「自分の“できない”を露呈する。

ボランティアという用語についても、「現在ボランティアをしている人」と問いかけられ、ボランティアの本質について問いただされた「する、されるの違い」も大きな意味を持っていて、「ボランティア育成講座」もあるけど、「本当に好きでやっているか?」が課題と言われた。

※「自主性」「主体性」も大きく関わってくるから・・・・

3_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

人権講演会~ネットいじめから子どもを守る~!(Part2)

「性的ないじめ」大きな問題で、大人に被害の訴えが難しいことから「恐喝・売春」へと導かれるケースも多くないという。「あなた自身にも隙がったのよ!」と言うと、一生子どもは相談しなくなるという。 

③の「応急処置の話」では、「ネット・リテラシー教育」(ネット情報をしっかり判断し、活用する能力を身につけること)について話をされた。 

具体的な内容は、「個人情報を出さない」(個人情報登録サイトの扱い)、「見知らぬメールは返信しない」、リンクは開かない」、「フィルタリング、時間、送受信の制限」、「情報モラル教育」(想像力の育成)を挙げられた。 

その他「ネット犯罪の情報共有」、「被害に遭った時の対処法」も重要と言われた。 

③の「根本解決法の話」では、「いじめに対する大人の意識改革」について、「被害者への3つの誤解」<1>「いじめられる側にも問題が?」、<2>「いじめられる子は弱い?」、<3>「相談すればよかったのに?」などの項目が挙げられた。 

また、被害者に目がいきがちだけど、加害者ケアを最優先することが一番の対処とも言えるようだ。家庭内での会話が少ない子ども程、「いじめた経験が多い」というデーターもあるようだ。 

ノルウェーでは、いじめた経験のある子どもの60%は、成人した後で有罪判決を受けているようだ。途中、いじめで自殺した少女のメモしんみりと読まれ胸を打たれた最後「メディア・リテラシーの育成」(大人から実践していくこと)の重要性訴えられた 

「メディアへの影響力」=「はやりの言葉」、「お笑い番組の言葉」からの悪影響指摘があった 

講演を聞いて感じたことは、時代の流れによって家庭環境にも大きな変化が出てきているように思いました。

29_640x360

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

人権講演会~ネットいじめから子どもを守る~!(Part1)

なるべく足を運んでいる講演会で、今回はパネル形式で話をされ、パンフレットにも内容が記載されていたので分かりやすかった講演をされた人メディアジャーナリストをされている方、多くの著書も出されているプロフィール欄に紹介がされていた。

講演の演題は大きく3つに分けて、①「携帯電話は『いじめ』をどう変えたか?」、②「ネットいじめの手口」、③「大人はどんな対策が必要か?」だった。③では「応急処置法&根本解決法」の2通りあった。

①の話は、「小・中・高生の約6割がネットトラブル経験」、「メール・ネットを利用するいじめの特徴について」だった。

ネット社会は匿名性なので、「身元がはっきり分からないだろう」というのが難点で、「抽象的な書き込みが多いこと」と、「24時間(家の中でも)やり取りが自由にできる」というのが子どもたちへのプレッシャーになっているようにも思われる

「5分以内に返信しないと後で文句を言われる」など、日頃の生活の中においても窮屈な面(思い)があることをアピールされた。

また、「非対面性」で、インターネット・メール「記録・保存性」があるので、後々で検索すると「過去の自分がどうだったか?」など友人にも知られる恐れも十分あることから、「コピー&ペースト」(コピペ)「拡張性の恐怖」にも触れられた

「ネットいじめの手口の話」では、①「プロフを使ったいじめ」(ゲストブックへの誹謗中傷、なりすまし)など・・・)、②「学校裏サイト」(ネット掲示板、ツイッター、フェイスブックなどの攻撃)、③「無料通話・無料メールアプリ」、「LINEいじめ」(誹謗中傷、本人が好まない写真投稿などされた。

※「メール」・・・「中傷メール、チェーンメール(不幸の手紙など)」「動画撮影」があり、従来のいじめより大きなダメージを受けるケースが多く、「個人情報の暴露」もあって「暴行事件、不登校」、さらには「自殺」へと発展するケースもあるようだ。

01_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

女性に対する暴力をなくす運動!(Part3)

デートDVでは、彼氏・彼女を束縛する約束をすることにある。「DVって何?」の指導、①「束縛行為」、②「性行為」、③「金銭要求行為」の3つがあり、では、妊娠を暴力にする人もいるようだ。

いずれも「精神的暴力」が多いので、約束はその場でしないで一度持ち帰ってよく考えた上で返答することが解決策といえる。「性行為に至るまで」⇒「一度、二度・・・優しい態度をとる」⇒「性行為が目的にある」

DVのい状態で結婚すると虐待への道(束縛生活)が待っているだろう。結婚というのは「相手がどう思っているか?」(お互いの気持ち)が大切で、お互いの信頼関係により成り立っているといえる

「気づく」⇒「聴く」⇒「寄り添う」⇒「大人に話す」の流れを大切に、最近の子ども「ラインの中に自己肯定感を持っている」とも言えるので、取り上げることも逆効果になるという

友人・親・親戚・地域・スクールカウンセラー・相談所・電話相談・メール・掲示板などフル活用して生活に生かして欲しいとまとめられた。

6_640x480

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

女性に対する暴力をなくす運動!(Part2)

現状、「性に関する相談」圧倒的に友人が多く、中には相談できないで周囲の視線が気になって辛い思いをしている人も多くいる。その辛い思いをしている人には、「まっさきに思いを聞いてあげることが一番」という。

本当の自分を失っている人もいるので、受け答えは慎重にして、「はい、次からはきちんとやります」などの答え方をした場合、聞いていないケースがほとんどなので要注意とのことだ。「子どもを守るため」、「何も起きていない時の対処」「アドバイス方法」の難しさについて語られた

初体験、メール相談14歳が一番多く「性行為をしてもいいと思っている人」は、高校生で50%「自分はしないけど、人はしてもいいと思っている人」も含める80%にもなるようだ。

実際に「性被害を打ち明けてくれた人」が話すには、8~9歳から被害を受けていたという事実もあるようだ。「生まれ」「環境」「人格」全てが違う子どもたち「命の大切さの事業」は、子どもを教える状態でないと難しいといえる

「トンボの受精」を例に挙げると、動物的でストーカーじみた行為をするので「受精した相手を追っていくのみだ」と関係を説明された。人に置き換えると、「彼の甘い言葉についていくと、結局DV行為に至ってしまったいきさつ」をメールで紹介された

「彼は謝った」「彼女はもう一度だけと思って信じた」が、この行為がDVへの発展につながる要因になることを強調された

普通の恋愛とDVの違いは、「相手を怖いと思うかどうか?」にあるという。「約束をしてくること」も要因で、「約束を破ると破ったほうが悪い」ということになるので、できない約束はしないことと言われた

640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧