« 呉商業高校吹奏楽部定期演奏会! | トップページ | ひきこもりセミナー!(Part2) »

ひきこもりセミナー!(Part1)

今回の講座のテーマ「ひきこもりとこころ」であり、小早川クリニック心療内科医院長先生が話をされた。先生「呉三津田高校出身」であり、地元の地「広」心療内科医を持たれている

「ひきこもりの定義」は、仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせず、6か月以上も続けて自宅にこもっている状態だという。20~40歳0.5%の有病率を占めていて、60~120万人もの人が悩まされているようだ。

男女の割合では男性が圧倒的に多く女性社交的な反面男性「仕事・対人関係の悩みなど」を抱えている人が多いという。数年から数十年もの間、悩まれている人も多く本人および家族の高齢化も深刻となっているようである

ひきこもりの背景個々によって異なるので、対処法は人それぞれである。ひきこもりを引き起こす疾患として挙げられる障害は、①「統合失調症」、②「社交不安障害」、③「強迫性障害」、④「自閉症スペクトラム障害」、⑤「パーソナリティ傾向」、⑥「適応障害」の6つといえる。

<症状>①・・・「周囲の人のどのように思われているか?」気になる。②・・・「人前で食事、外出時の人の視線」気になって胸がドキドキする。③・・・「戸締り、手洗い」などきめ細かい身の回りのこと及び自分のことが気になる(エスカレートすると家族の人までまきぞいになるケースもある)。

<症状>、④・・・「自己評価が低い」ので、高めていく対策が必要コミュニケーションの質的問題及び想像力の欠如が見られ、対人関係障害(発達障害)の傾向にある。⑤・・・「批判・拒絶を恐れて、対人関係・社会関係を避ける傾向」(回避性)「自己避難・他罰的・共感欠如」(自己愛性)に分けられる。

※「自己愛性」は、「成功体験が少ないため、空想や過去にこだわりをもつ傾向が多い」という。

<症状>、⑥・・・「職場や学業の不適応がきっかけ」という。孤立してしまいがち(母子密着型ケース)も見られるようだ

2_640x480

|
|

« 呉商業高校吹奏楽部定期演奏会! | トップページ | ひきこもりセミナー!(Part2) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/486440/70590952

この記事へのトラックバック一覧です: ひきこもりセミナー!(Part1):

« 呉商業高校吹奏楽部定期演奏会! | トップページ | ひきこもりセミナー!(Part2) »