« 102歳記念講演会(日野原 重明先生)!(part2) | トップページ | ウォーキング大会!(昭和地区) »

102歳記念講演会(日野原 重明先生)!(Part3)

<第2部>・・・「アトラクション」(コンサート)

「コンサート1」(フレディーの会)は、43名の会員の人①「よろこびの歌」、②「いのちの歌」、③「青い山脈」、④「花は開く」(テーマソング)、⑤「花は咲く」の5曲を歌われた。珍しい楽器もあったので、途中で紹介をされた

「ウインドチャイム」(風を表現した楽器)、「グロッケン」、「シンバル」(小型)、「タンバリン」(固定)を使われ、イスの代わりに「穴のあいたダンボール」に座って「ドラムみたいな音」を表現されていた。

「コンサート2」(ゲスト出演)は、「沖田 孝司&千春の演奏」で、①「アメージング・グレイス」、②「あなたに逢えてよかった」、③「七つの子」、④「赤とんぼ」、⑤「ここはふるさと」、⑥「涙そうそう」、⑦「愛の挨拶」、⑧「川の流れのように」、⑨「愛の讃歌」9曲を演奏された。

③~⑤は、会場の人も一緒に歌詞カードを歌った。演奏の前には楽器の説明をされ、途中で「語り」も入れられて「間」を置かれた

「バイオリンとビオラの違い」は、「バイオリン」(43cm)に対して「ビオラ」(36cm)と少し大きさに違いがあるという

③の曲の時、「七つ」というと「七羽、七歳のどちら?」と聞かれたので、「七羽」に手を挙げたけど、答えは「七歳」だった

講演を通して感じたことは、「人の出会い」で、今回、司会をされていた人1年前は会場で見られていた人で、「日野原さん」を見て「どうしてこんなに元気なのだろう」と感じたことがきっかけだったという。

その後、「なぜ長生きするのか?」の意味が分からなかったけど、周囲の人達から「長生きすると多くの人に感謝することができるから」ということを学んだようだ。

640x360

|
|

« 102歳記念講演会(日野原 重明先生)!(part2) | トップページ | ウォーキング大会!(昭和地区) »

講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/486440/65280226

この記事へのトラックバック一覧です: 102歳記念講演会(日野原 重明先生)!(Part3):

« 102歳記念講演会(日野原 重明先生)!(part2) | トップページ | ウォーキング大会!(昭和地区) »