« 102歳記念講演会(日野原 重明先生)!(Part1) | トップページ | 102歳記念講演会(日野原 重明先生)!(Part3) »

102歳記念講演会(日野原 重明先生)!(part2)

新聞記事で紹介された「私の証 あるがまま行く」の話は、「こころの耕運機」⇒「耕」の漢字の説明で、「耕す」=「文化のことである」と言われた。「どうすれば耕すことができるか?」「どうすれば豊かになれるか?」人間の3つの要素(心・体・魂)の3点から考えられた

「何から学ぶのか?」(患者から)⇒「知識・技術・態度・人格」であり、「師・先輩・本・文庫・病む患者との出会い」が変化をもたらしたという。

「フラトンの4つの元徳と行動力」⇒「行動を引き起こす」といい、「行動力はどこからくるのか?」の問いかけには、①「目覚めた時」、②「環境の変化の憩い」を例に出された。

「生き方の目標」については、「ただ生きるのでなく、よく生きること」とアドバイスがあった。「子どもの心に平和の種を巻く」の実践面では、「お互いが話し合う心を持つこと」を伝えられているという

「日本から世界へ、平和の発信を」「自分を耕すこと」「夢を見ること」(次の世代へと引き継ぐことを目標に)

2_640x480

|
|

« 102歳記念講演会(日野原 重明先生)!(Part1) | トップページ | 102歳記念講演会(日野原 重明先生)!(Part3) »

講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/486440/65224032

この記事へのトラックバック一覧です: 102歳記念講演会(日野原 重明先生)!(part2):

« 102歳記念講演会(日野原 重明先生)!(Part1) | トップページ | 102歳記念講演会(日野原 重明先生)!(Part3) »