« まちづくりを考える交流会!(part1) | トップページ | くれまちかどコンサート(昭和市民センター)!(part1) »

寺内タケシとブルージンズ!

バンド結成50周年記念「日本縦断コンサート」があり、すさまじいエレキギターの音色を味わうことができた。(全席指定で、妹の知人から譲り受けたチケットだった)

寺内さん5歳の頃からギターを手にされ、音楽の道へと進まれた人だった。「倉敷」→「福山」→「広島」と各地でコンサートをして今回「呉地区」に来られたという。(他地区は「満席」だったのに、呉地区は「空席が目立ちますね」などと冗談も言われた)

<1部>・・・日本歌謡史真髄『正調寺内節』(日本歌謡曲をエレキ演奏用にオリジナル曲とされたもの)

①「明鳥」(唐人お吉の唄)、②「祇園小町」、③「悲しき口笛」、④「湖畔の宿」、⑤「大利根月夜」、⑥「明月赤城山」、⑦「逢いたかったぜ」、⑧「別れの一本杉」、⑨「哀愁列車」と演奏された。

後半・・・「ヒット曲」

①「与作」、②「知床旅情」、③「北の宿から」、④「津軽海峡冬景色」、⑤「北の春」と有名な歌手の歌を披露され、「風雪ながれ旅」で幕を閉じた。

心の奥にジーンとくるステージ演奏に、時の経つのも忘れて見入ってしまった

<2部>・・・「岩澤あゆみステージ」、「寺内タケシとブルージンズ」の人達と一緒にCD販売されている曲

①「涙の太陽」、②「ムーンリバー」、③「アイドルを探せ!」、④「栄光の架橋」、⑤「あなたに逢いたくて~Missing you~」だった。

※さすがに歌声はプロ並みで、「寺内さんに厳しく指導されてきた姿」がよく分かった。その他「寺内タケシオリジナル曲」(世界を股にした曲)も何曲か聴かせてもらい、寺内さんの今までの人生の苦労話も聞くことができたので、「生き方」について考えていくきっかけにもなった。

最後「アンコール曲」は、「青春へのメッセージ」を弾かれ、さらに、『誰がために誰が弾くのか?』という話で、「ギターは弾かないと音が出ない」と語られた。

「これで終わりか?」と思うと、全員総立ちになってライブ形式での盛り上がりとなった。会場外には、「オリジナルタオルの販売」(サイン色紙付き)、「CD」、「DVD」、「Tシャツ」、「書籍」販売もあり、通販専用の申込書もあった。

Photo

|
|

« まちづくりを考える交流会!(part1) | トップページ | くれまちかどコンサート(昭和市民センター)!(part1) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/486440/52073092

この記事へのトラックバック一覧です: 寺内タケシとブルージンズ!:

« まちづくりを考える交流会!(part1) | トップページ | くれまちかどコンサート(昭和市民センター)!(part1) »