« ニート・フリーターについて考える!(part1) | トップページ | ニート・フリーターについて考える!(part2) »

音楽で語る歴史!

大和ミュージアム会議室を借りて、専門学校の歴史担当(吹奏楽部)の先生から音楽の歴史について講演があった。音楽を視聴しながらの講演だった)歴史上記憶に残る音楽が時代の流れによって変化を遂げてきていることについて説明があった。

学校では歴史を担当しているけど、部活が吹奏楽部なので趣味の一貫として「音楽」を授業の中で取り入れていることを話された。歴史の教科書も配布され、用語の変化についても述べられた。

過去に利用していた用語が少し変わってきていること仮名表示「ローズヴェルト」「ガンディー」を例に挙げて説明された。その後、「音楽家」についても説明があった。

日米の価値観の違い「伊福部 昭さん」の代表作「ゴジラ」を視聴しながら語った。次に「芥川 也寸志さん」「赤穂浪士のテーマ」が流され、さらには「スポーツ番組(全日本プロレス中継・故ジャイアント馬場のテーマ)」「題名のない音楽会(NHK)」「オリンピックマーチ」の代表作が紹介された。

ドイツ作曲家「R.ワーグナーさん」イスラエルでは演奏されない(ヒトラーを思い出させる)ユダヤ人嫌いであるから・・・と話された。

その他の代表作としては「ワルキューレ」「マイスタージンガー前奏曲」「コバルトの空」「巡礼の合唱」「婚礼の合唱」などが挙げられた。

「團 伊玖磨さん」動物が出てくるタイトルが多くて、ぞうさん」「おつかいアリさん」「ヤギさん郵便」などが代表作であると言われた。

音楽を視聴しながらの講演だったので楽しみながら時間を過ごすことができた。Photo ( ̄ー ̄)ニヤリ

|
|

« ニート・フリーターについて考える!(part1) | トップページ | ニート・フリーターについて考える!(part2) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

音楽を聴きながの講演って、楽しそうでいいですね!
精力的に勉強会や講演などお出かけになられて、いい刺激をたくさん頂きました。(*^_^*)

投稿: ミル | 2008年12月22日 (月) 21時00分

久しぶりのコメントありがとう!happy01
今回の講座は「音楽!」をテーマにした話であり、自分がいつも見に行っている吹奏楽コンサートの指揮をしている先生が色々な音楽を聴かせてくれました。note
昔ヒットした曲を中心に「懐かしい曲」「有名な曲」「映画音楽」など幅広いレパートリーでした。cd
今までにない珍しい講座でもありました。lovely

投稿: こうちゃんより | 2008年12月23日 (火) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/486440/26212287

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽で語る歴史!:

« ニート・フリーターについて考える!(part1) | トップページ | ニート・フリーターについて考える!(part2) »